みちのくより愛をこめて 0007

東日本大震災の復興・再生を祈願して東北のニュースや浮世の話題等をお届けしています。

政治・経済

「地産地楽FESTA2017」で福島県産品の魅力を地元パフォーマーと生産者&ふくしまボンガーズらがPR

生産者ら福島県産品の魅力発信 ふくしまボンガーズが企画 福島県産品の魅力を地元パフォーマーと生産者らがPRする「地産地楽FESTA2017」は30日、福島市の福島テルサで開かれ、菓子や県産農産物の魅力を発信した。 よしもとクリエイティブ・エー…

JR東日本が常磐線の竜田―富岡間(6.9キロ)の運行を10月21日に再開すると発表

JR東日本が常磐線の竜田―富岡間(6.9キロ)の運行を10月21日に再開すると発表 JR東日本は19日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で運転を見合わせている常磐線の竜田―富岡間(6.9キロ)の運行を10月21日に再開すると発表した…

東邦銀行12月5日、原発事故の影響で営業を休止していた南相馬市小高区の小高支店を、約5年9カ月ぶりに再開

東邦銀行は5日、原発事故の影響で営業を休止していた南相馬市小高区の小高支店を、約5年9カ月ぶりに再開した。原発事故で休業した同行6支店のうち再開は、楢葉町の楢葉支店に続き2店舗目となった。 5日は、営業再開に先立って記念の式典が開かれ、東邦…

地域おこし協力隊の福島県内の隊員数は10月1日現在、27市町村で計77人となり、協力隊制度ができた平成21年度以降、最多

都市部の住民らが地方に一定期間住み、まちづくりなどに携わる地域おこし協力隊の福島県内の隊員数は10月1日現在、27市町村で計77人となり、協力隊制度ができた平成21年度以降、最多となった。県は今年度内に100人を目指しているが、制度活用の…

白井酒造店(会津美里町)が最優秀賞を初めて受賞 2016【平成28】年の東北清酒鑑評会にて

仙台国税局は10日、2016(平成28)年の東北清酒鑑評会の結果を発表した。純米酒の部で白井酒造店(会津美里町)が最優秀賞を初めて受賞したほか、吟醸酒の部で鶴乃江酒造(会津若松市)が最優秀賞に次ぐ評価員特別賞を受賞した。福島県酒蔵の最優秀…

福島県富岡町の公設民営の複合商業施設「さくらモールとみおか」が先行オープン予定

原発事故の影響で全町避難が続く富岡町が25日に同町小浜の国道6号沿いに開業する公設民営の複合商業施設「さくらモールとみおか」で、入居するダイユーエイト(福島市)が23日にホームセンターを先行オープンさせることが8日、同社と町への取材で分か…

東邦銀行の創立75周年記念式典が11月3日、郡山市で行われる

東邦銀行の創立75周年記念式典は3日、郡山市で行われ、関係者が地域とともに一層の発展を目指す決意を新たにした。75周年に合わせて制作された「愛唱歌」「応援歌」が初披露された。 行員やグループ企業の社員、OB・OGら約2千人が出席。北村清士頭…

福島県金山町温泉保養施設「せせらぎ荘」が熊本県特産の馬肉など地場産品を販売し、被災地熊本の復興支援

老朽化に伴う福島県金山町温泉保養施設「せせらぎ荘」の建て替え工事が完了し、天然炭酸温泉が楽しめる日帰り入浴施設に生まれ変わった。9月21日、現地で完成披露会が開かれた。 新たに天然炭酸温泉の源泉の1つ「大黒湯」を引き込み、施設の目玉とした。湯…

ビジネスホテル「富岡ホテル」の安全祈願祭と起工式が10/21日行われ、来年10月の開業を目指す。

富岡町民が設立した運営会社「富岡ホテル」がJR富岡駅前に建設するビジネスホテルの安全祈願祭と起工式は10/21日、現地で行われた。来年10月の開業を目指す。 町の魅力や復興を発信しようと町民8人が共同出資した。名称は社名と同じ富岡ホテル。重量鉄…

江戸時代から続く楢葉町の秋の風物詩・木戸川のサケ漁が10/15日初の「合わせ網漁」が行われる

楢葉町の秋の風物詩・木戸川のサケ漁が本格化し、10/15日、やな場近くで今シーズン初の「合わせ網漁」が行われた。 合わせ網漁は下流に設置した網に向かって、約100メートル上流から別な網を流してサケを追い込み捕獲する伝統の漁法。木戸川漁協の組合員…

「日本一のふくしまの酒 飲み比べフェア」が8月2日、福島市のコラッセふくしまで始まる。

福島県産日本酒が手軽に楽しめる初のイベント「日本一のふくしまの酒 飲み比べフェア」が8月2日、福島市のコラッセふくしまで始まった。 初日から仕事帰りの会社員らが訪れ、全国新酒鑑評会で金賞受賞数「4年連続日本一」に輝いた地酒を味わっている。3…

「ファッショナブルふくしま」が7月2日、福島市エスパル福島店で開かれる

福島県の魅力をファッションを通じて表現するイベント「ファッショナブルふくしま」が7月2日、福島市エスパル福島店で開かれ、「モモ」や「菊人形」など県内の特産品、名所をモチーフに、県民約30人が出演するファッションショーが繰り広げられ県内外から…

南相馬市のJR常磐線小高-原ノ町駅間の運行再開に向けた試運転が9日、7月12日の運転再開に合わせて両駅間で行われる

東京電力福島第一原発事故などの影響で不通となっている南相馬市のJR常磐線小高-原ノ町駅間の運行再開に向けた試運転は9日、両駅間で行われた。東日本大震災後、約5年ぶりに列車が小高駅に乗り入れた。市内の一部に出ている避難指示が解除される7月1…

日本の人口1920年の調査開始以来、初めて減少 減少率トップ3は秋田・福島・青森

日本の人口1920年の調査開始以来、初めて減少 減少率トップ3は秋田・福島・青森 ■総務省が発表した2015年の国勢調査の速報値によりますと、日本の人口は1億2711万人で、1920年の調査開始以来、初めて減少に転じた。 国勢調査の人口集計の速報値によ…

東北の総人口は898万2080人で、東日本大震災の前年の10年に行われた前回に比べ35万3556人(3.8%)減少

東北6県の2015年国勢調査(10月1日現在)の速報値が12日、出そろった。東北の総人口は898万2080人で、東日本大震災の前年の10年に行われた前回に比べ35万3556人(3.8%)減少し、戦後第2回の1950年から維持してきた900…

初市「十日市」が1月10日、会津若松市で行われ、1年の幸せや復興を願い縁起物を買い求める人で賑う

新春を彩る会津地方最大の初市「十日市」は10日、会津若松市の神明通りなど中心市街地で行われ、1年の幸せや本県の復興を願い縁起物を買い求める大勢の人でにぎわった。 会津の民芸品で復興のシンボル「起き上がり小法師(こぼし)」をはじめ、商売繁盛を…

東北のガソリン価格は1月4日現在3円20銭安の118円30銭7週連続で値下がり

資源エネルギー庁が6日発表した4日現在の東北のガソリン価格は、レギュラー1リットル当たり平均小売価格が前回調査(昨年12月21日)比3円20銭安の118円30銭だった。調査した週でみると7週連続で値下がりした。 2009年5月18日調査(1…

山形県天童市、ふるさと納税20億円突破 魅力的な返礼品が多数 昨年度同期の4億1190万円に比べ、約5倍に増加

天童市、ふるさと納税20億円突破 希望する自治体に寄付をすると税金が軽減される「ふるさと納税」で、天童市は18日、2015年度の申込金額が20億円を突破したと発表した。確定申告の時期を控え、駆け込みの申し込みが増えたことで今月の申請が急増している。 1…

相馬市で仲買人が仕分けや梱包作業を行うための集配施設(東日本大震災の津波で流失)が17日完成

東日本大震災の津波で流失し、相馬市が同市尾浜に再建中の漁業関連施設のうち、仲買人が仕分けや梱包(こんぽう)作業を行うための集配施設が完成し17日、現地で内覧会が開かれた。関係者が漁業復興への手応えを感じながら、本格操業の再開へ思いを新たに…

会津美里町商工会は12月5日、町内約200店で使える30%プレミア付きの「福が来る幸せ運ぶ商品券」の販売 約300人の行列

会津美里町商工会は5日、町内約200店で使える30%プレミア付きの「福が来る幸せ運ぶ商品券」の販売をスタートした。関係者が町商工会高田本所でテープカットし、販売開始を祝った。 町合併10周年、商工会合併7周年を記念した商品券発行事業の第2弾…

東北の2015年産水稲の作柄概況 前年を2ポイント下回る103で、4年連続の「やや良」 東北農政局

■東北農政局は4日、東北の2015年産水稲の作柄概況(確定値)を発表した。作況指数は前年を2ポイント下回る103で、4年連続の「やや良」(105~102)となった。10アール当たり収量は579キロで、前年に比べ6キロ減少した。 指数、収量と…

マイナンバーの通知カード 福島、いわき、会津若松の各市には11月末時点で計約1万2900通が返送 市民の協力もお願い

マイナンバーの通知カードが入った簡易書留が、受取人不在などで手渡しできず郵便局に保管された後、差出人の市町村へ返送されるケースが県内で相次いでいることが2日、分かった。福島、いわき、会津若松の各市には11月末時点で計約1万2900通が返送…

福島高スーパーサイエンス部が英国の学術専門誌「ジャーナル・オブ・レディオロジカル・プロテクション」に『被ばく線量について「ほとんど差はない」』と論文を投稿し、掲載予定

福島県など国内とフランス、ポーランド、ベラルーシ各国の高校生の外部被ばく線量を比較研究してきた福島高スーパーサイエンス部は、被ばく線量について「ほとんど差はない」と結論づけ、論文にまとめた。論文は27日、英国の学術専門誌「ジャーナル・オブ…

秋田県が「子連れ勤務」の導入を検討

「子連れ勤務」の導入を検討している秋田県は27日、女性職員が乳幼児を連れて事務作業する実証テストを初めて行った。今回は事務作業に大きな支障はなかった。今後もテストを重ね、新たに設備を設ける必要があるかなど課題を探る。 実証テストは人事課が企…

JR常磐線の相馬(福島県相馬市)-浜吉田(宮城県亘理町)の約22.6キロについて、JR東日本が2016年12月末に運転を再開予定

東日本大震災で被災したJR常磐線の相馬(福島県相馬市)-浜吉田(宮城県亘理町)の約22.6キロについて、JR東日本が2016年12月末に運転を再開させる方針を固めたことが24日、分かった。当初は17年春としていた。ルートの内陸移設工事が順…

福島県は「福が満開、福のしま。」割引クーポンの第3期分に、第2期分の未精算額などを上乗せして追加発行と発表

福島県は12日、インターネットの大手宿泊予約サイトで発行する「福が満開、福のしま。」割引クーポンの第3期分に、第2期分の未精算額などを上乗せして追加発行すると発表した。第3期発行枚数9190枚に4618枚を上乗せする。発行枚数は計1万38…

福島県楢葉町の木戸川漁協は11月7日サケの採卵、ふ化事業を5年ぶりに再開

楢葉町の木戸川漁協は11月7日、木戸川河畔のふ化場で東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響で中断していたサケの採卵、ふ化事業を5年ぶりに再開した。 職員が雌のサケの腹を特製のナイフで割くと、オレンジ色の卵があふれ出した。雄の精子を振り掛…

東日本大震災の津波で不通となっているJR常磐線の相馬―浜吉田間をJR東日本がが来年秋にも再開通させる方向

東日本大震災の津波で不通となっているJR常磐線の相馬(相馬市)―浜吉田(宮城県亘理町)間について、JR東日本が2017(平成29)年春を目標とする運転再開の時期を半年程度前倒しし、来年秋にも再開通させる方向で調整に入ったことが7日、複数の関…

福島市に本店を置く東邦銀行が企業や県、市町村、住民への結婚支援に特化した取り組みに着手

東邦銀行は21日、地方創生の活動として「とうほう・地方創生結婚応援プロジェクト」を立ち上げ、企業や県、市町村、住民への結婚支援に特化した取り組みに着手した。支店を通じて独身男女の出会いの場につながる情報提供や結婚を望む企業経営者、後継者ら…

避難指示解除後の楢葉町では住民帰還進まず 町内に生活拠点を移した町民が、20日現在で203世帯321人町人口の1割を下回る4%ほど

■東京電力福島第1原発事故の避難指示解除から1カ月が過ぎた楢葉町は21日、町内に生活拠点を移した町民が、20日現在で203世帯321人にとどまることを明らかにした。町人口の1割を下回る4%ほどで避難指示解除後も住民帰還が進んでいない現状が浮…

常磐道全線開通による交通量が堅調に推移 経済効果が期待

東日本高速道路(ネクスコ東日本)などは16日、常磐道全線開通による交通量の変化などを発表した。 3月1日に開通した浪江インターチェンジ(IC)―常磐富岡IC間の9月1日までの交通量は1日当たり8700台となった。同区間開通により相馬IC―南相…

福島県浪江町の居住制限区域にある酒田地区で13日稲刈り、震災後初めての販売を目指す

東京電力福島第1原発事故に伴い、全町避難が続く浪江町の居住制限区域にある酒田地区で13日、「試験栽培」したコメの稲刈りが行われ、地元農家のほか、町や国の関係者らが黄金色に実った稲を刈り取った。 同地区では昨年、4年ぶりにコメの試験栽培を実施…

「宮城ふるさと割」の実施に合わせ、東日本大震災で被災した企業が販路を開拓

宮城ふるさと割 被災企業、通販で販路拡大 宮城県内の農水産物や加工食品などを3割引きでインターネット販売する「宮城ふるさと割」の実施に合わせ、東日本大震災で被災した企業が販路開拓に取り組んでいる。旬のセット商品やホームページ(HP)の充実な…

復興庁 東日本大震災被災地の校庭の仮設住宅解消へ入居者の移転支援

復興庁 東日本大震災被災地の校庭の仮設住宅解消へ入居者の移転支援 復興庁は29日、東日本大震災被災地の学校の校庭にある仮設住宅の解消に向け、入居者の移転などを促す支援策をまとめ、岩手、宮城両県と関係12市町村に伝えた。仮設住宅の集約などが必…

「地元目線が足りない」環境省の体質 汚染土壌などを入れた大型の袋が流出

関東・東北豪雨で飯舘村と南相馬市の川が氾濫し、農地除染で出た汚染土壌などを入れた大型の袋が流出した問題で、環境省が全体の流出量を把握できていなかったことが分かり、同省のずさんな管理体制が問われている。作業日報などの調査はいまだ難航しており…

相双の酪農家5人が運営する「復興牧場」が福島市土船に完成 10月1日から稼働

「復興牧場」希望の一歩 相双の酪農家5人が運営 東京電力福島第1原発事故で休業に追い込まれた相双の酪農家5人が運営する「復興牧場」が完成、25日に福島市土船の現地で記念式典が行われた。 東北最大級の乳牛580頭を飼育する予定で、10月1日から…

吾妻スカイライン 高湯-浄土平間(14.8キロ)を25日午前10時に解除 福島県発表

吾妻スカイライン 通行止め25日解除 福島県は22日、関東・東北豪雨で路肩が崩落し、通行止めになっていた福島市の磐梯吾妻スカイラインの高湯-浄土平間(14.8キロ)について、25日午前10時に解除すると発表した。 崩落現場が完全に復旧していな…

青森県シルバー人材センター連合会とサークルKサンクスは16日、高齢者人材活用に関する基本協定を締結

高齢者人材をコンビニ派遣 全国初の協定 青森県シルバー人材センター連合会とサークルKサンクス(東京)は16日、高齢者人材活用に関する基本協定を締結した。シニア世代の就業確保や地域社会への貢献、店舗の人手不足解消などが期待される。県組織の連合…

福島県警は10月1日富岡町の同署本庁舎で再開 「再び警察の灯をともすことで、被災者の安全・安心を支えたい」

富岡の双葉署本庁舎業務 来月1日に一部再開 福島県警は10月1日、双葉署の一部業務を東京電力福島第一原発事故に伴い閉鎖している富岡町の同署本庁舎で再開する。15日に開いた県警復興治安総合対策本部会議で決めた。 双葉郡を管轄する双葉署は現在、楢…

東北産ホップを使ったサッポロビール「サッポロ生ビール黒ラベル東北ホップ100%」と、キリンビール「一番搾り とれたてホップ生ビール」10月発売

東北産ホップでビール仕込み 10月発売 東北産ホップを使ったサッポロビール「サッポロ生ビール黒ラベル東北ホップ100%」と、キリンビール「一番搾り とれたてホップ生ビール」の仕込みが、それぞれの仙台工場で始まった。いずれも10月に数量限定で発…

国の「地方創生特区」に指定された仙台と秋田県仙北両市で7日規制緩和内容を定めた区域計画をまとめた

地方創生特区 仙台、仙北両市で計画決定 規制緩和で地域経済を活性化する国の「地方創生特区」に指定された仙台と秋田県仙北両市で7日、市と国による会議がそれぞれ開かれ、規制緩和内容を定めた区域計画をまとめた。起業手続きの簡素化や6次産業の活性化…

須賀川市産のモモや米粉を使った菓子「ふくしまフルーツシュー」5日間で計約1600個売れ人気

ふくしまフルーツシュー“人気” サクサク生地、モモのジュレ 県産品の販路拡大などを目的とした移動販売車「ふくしまからはじめよう。キビタン号」で須賀川市産のモモや米粉を使った菓子「ふくしまフルーツシュー」を限定販売している夢・菓子工房かめまん(…

いわき市は31日「召しませ!いわきふるさとパック」事業の500便目を発送

いわきふるさとパック“500便目” 秋限定の詰め合わせ発送 いわき市は31日、「元気なまちいわき ふるさと寄付金(ふるさと納税)」への寄付者に感謝の気持ちを届ける「召しませ!いわきふるさとパック」事業の500便目となる秋限定「サンシャインいわき梨…

東北全体で4年連続の豊作 東北農政局は28日2015年産米の作柄概況を発表

東北「やや良」4年連続豊作基調 東北農政局は28日、東北の2015年産米の作柄概況(15日現在)を発表した。 6県全てで昨年同時期と同じ「やや良」(作況指数102~105)で、東北全体で4年連続の豊作見通しとなった。 各県の作柄は図の通り。地…

福島県が20日、「福が満開、福のしま。」旅行券第2期の抽選結果を発表

福島県、2期分抽選結果発表「旅行券・1万円」は2.57倍 福島県は20日、県内宿泊施設の宿泊費が割安になる「福が満開、福のしま。」旅行券第2期の抽選結果を発表した。 応募は18万7707枚で、当選倍率は1万円券(販売価格5000円)が2.79倍…

“カフェ”列車「フルーティアふくしま」を10、11月も磐越西線郡山―会津若松間を運行

「フルーティアふくしま」10、11月も運行 秋のスイーツ提供 JR東日本は19日、磐越西線郡山―会津若松間を走る“カフェ”列車「フルーティアふくしま」を10、11月も運行すると発表した。車内で提供するスイーツは秋メニューに変わり、県産のブドウや和ナ…

サンマ船が16日17日に 小名浜港や気仙沼港から復興願い一斉出港

■サンマ船 被災地活気取り戻す「出船送り」 気仙沼港(宮城県気仙沼市)を母港にする大型サンマ船が17日、一斉に出漁した。大漁と航海の安全を祈って船を見送る「出船送り」が気仙沼市魚市場南側桟橋であり、漁船員の家族や水産関係者が駆け付けた。漁は2…

仙台七夕、青森ねぶた祭、秋田・竿燈まつりの東北三大祭り 好天に恵まれ、いずれも人出は前年より増 仙台七夕

東北三大祭り 好天味方に人出大幅増 仙台七夕まつりが8日、3日間の日程を終え、青森ねぶた祭(2~7日)、秋田・竿燈まつり(3~6日)と続いた東北三大祭りが閉幕した。期間中はおおむね好天に恵まれ、いずれも人出は前年より増えた。 仙台七夕まつり協…

国内外の高校生が福島県に集う第1回「ハイスクール世界サミットin福島」は6日、いわき市で開幕

被災地、心で感じて” いわきで「高校生世界サミット」開幕 高校生たちが国境を超え交流を深める 国内外の高校生が福島県に集う第1回「ハイスクール世界サミットin福島」は6日、いわき市で開幕し、高校生らが東日本大震災と東京電力福第1原発事故からの…

福島県は24日から「宿泊クーポン」を新たに2種類を追加発行

■「宿泊クーポン」新たに2種類を追加 24日から第2期発行 福島県は24日から、インターネットの宿泊予約サイトでの予約時に1人最大5000円の割引サービスを受けられる「福が満開、福のしま。」クーポンの第2期を発行する。 今回から新たに3万円以上…